薄毛予防のために日ごろから気を付ける事

十分な睡眠をとる

最低6時間は眠るようにしましょう。
特に眠り初めの3時間は
発毛を促してくれる成長ホルモンが分泌される大事な時間帯です。
耳栓やアイマスクなどをしておくと、
より質の良い睡眠がとれるようになりますのでおすすめです。
しかし睡眠不足だと逆にストレスが溜まり
それが薄毛の原因になってしまう可能性があります。
本当なら8〜9時間と言いたいところではありますが
それだとなかなか難しいと言われる方もいらっしゃるかと思いますので
最低ラインの6時間は厳守するようにしましょう。


頭皮を紫外線下にさらさないようにする

おすすめの対策としては、帽子をかぶるのがいいかと思います。
日焼けをすると腕の皮とかが剥けたりしますよね。
実はそれ、頭皮も同じなんです。
特にすでに髪の毛の少ない頭ですと、紫外線を受け日焼けとなり皮がむけるなどありますので、できるだけ頭皮を紫外線にさらすのは避けましょう。
日焼けをしにくい状態を作り出すことが大切ですね。


たばこを控える

少しずつでも本数を減らしていけるようにしましょう。
たばこに含まれるニコチンにより、血行不良、ビタミン不足などが引き起こされ
これら要因が薄毛を促してしまう可能性があります。
頭皮の血行は薄毛に密接に関連していますからね。


お酒の量を減らす

厚生労働省によると、純アルコールで1日平均20 g程度が適量とのことです。
アルコールが分解される際に「アセトアルデヒド」という毒性の物質が生成されます。
このアセトアルデヒドは、AGA(進行性男性型脱毛症)の原因となる
ジヒドロテストステロン(DHT)を生成してしまうのです。
なので日ごろからお酒の量が多いな…と言う方は、お酒の量を減らせるよう心がけましょう。

ビールだと500ml(中瓶1本)ワインだと200ml程度ですね。


もっと効果的な薄毛対策したい場合は?